国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
第2回生命情報科学シンポジウム
鍼麻酔の電気生理学的検討
上田 至宏樫葉 均石井 昌明
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 15 巻 1 号 p. 220-226

詳細
抄録

足、および手三里を取穴点として鍼電気刺激を行うと、鍼麻酔効果が得られる。この針麻酔メカニズムは複雑である。そこでこの効果を1)握力 2)疼痛閾値 3)誘発筋電図M波、H波の振幅と伝導時間 4)脳波 等への影響から再検討を加えた。通電鍼麻酔効果には鍼鎮痛と鍼麻痺の2つの効果があり、鍼麻酔深度の違いで疼痛閾値、筋力等への効果は半減したり、個体差が現れることを指摘した。刺激側の握力はEA刺激により低下し、この低下した握力は腱反射より早く回復した。

著者関連情報
© 1997 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top