国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
第4回生命情報科学シンポジウム
共鳴カードを用いた知性の共鳴現象の解析(1) : ポジティブ・トライアルとニュートラル・トライアルの比較
栗田 昌裕
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 15 巻 2 号 p. 375-394

詳細
抄録

われわれは先の研究で高次の精神活動における共鳴現象を具体的なメッセージに注目して定量的に解析する手法を提案した。その手法では数字や文字のようなデジタル情報が任意の人数の集団でどのような共鳴をどの程度引き起こすかが解析できる。方法の概略は、参加者を着席させて、定められたルールの下で任意に思い浮かぶ情報をカードに記入させ、隣接する者同士での一致の度合いを検討し、確率論的な道具で評価するものである。今回はその手法を用いて共鳴を意図しないで行う試行(ニュートラル・トライアル)と共鳴を意図して行う試行(ポジティブ・トライアル)との両方を初めて同日に行った12の集団(412名)のデータを解析した。両試行とも情報の一致の度合いは先の研究で理論的に予想された範囲によく収まった。また、ポジティブ・トライアルの一致の度合いはニュートラル・トライアルの一致の度合いより高くなった。この結果は、ポジティブ・トライアルの場合に、参加者が情報を選択する確率分布の不均一性を主として集団毎に増す効果によって成立した、と評価された。今回得たデータは種々の共鳴試行を評価する際の基礎データとして役立つ。

著者関連情報
© 1997 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top