国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
ミニ・シンポジウム:死・思想・健康- スピリチュアリティへの視点
スピリチュアリティと健康をめぐる科学的研究
(死・思想・健康~スピリチュアリティへの視点~,ミニ・シンポジウム,第33回生命情報科学シンポジウム)
杉岡 良彦
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 30 巻 1 号 p. 94-105

詳細
抄録

過去において宗教と医療は密接な関係にあったが、科学の発達は両者の関係を大きく変えた。しかし最近、宗教やスピリチュアリティの健康への影響が科学的に評価されている。例えば、教会への礼拝出席と寿命の関係、宗教性がうつ病からの回復や心疾患に与える影響など、その研究は多岐にわたる。こうしたスピリチュアリティと健康に関するこれまでのデータを具体的に紹介すると共に、その作用メカニズム、および科学的方法論の本質と限界をも考え、今後のこの研究領域の課題についても考察する。

著者関連情報
© 2012 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top