国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
研究発表
長期フィールドRNG測定における弱い周期変化
小久保 秀之
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 34 巻 1 号 p. 15-24

詳細
抄録

集団の意識の協調現象を物理乱数発生器(フィールドRNG)を使って検出しようという試みが行われているが、その試みの多くは比較的短期の出来事を検討対象にしている。本研究では筆者の実験室でフィールドRNGの長期測定を実施し、背景雑音として存在が予想される近傍の宗教施設からの週単位の弱い変動の検出を試みた。2014年1月末から2015年11月末までの22ヶ月にわたって2台のRNGで背景雑音を測定した結果、週単位の弱い変動が検出され土曜日と月曜日の間に有意差があった(p = 0.029)。しかし1日あたりの効果の大きさは小さいため、この週変動を検出するには1000日規模の測定が必要と推定された。

著者関連情報
© 2016 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top