労働科学
Online ISSN : 2187-2570
Print ISSN : 0022-443X
資料
職場巡視結果を活用した医療機関における労働安全衛生リスクアセスメント自己チェックリストの開発
梶木 繁之藤田 修之八谷 百合子藤江 美香上村 秀彦和田 太堤 明純
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 88 巻 5 号 p. 175-184

詳細
抄録

本研究では,医療機関の過去の職場巡視結果を基にした労働安全衛生リスクアセスメント自己チェックリストの開発を行った。当該組織の産業医2名,衛生管理者4名の計6名により,過去4年間の職場巡視結果を収集のうえ,内容をカテゴリー別に分類した。さらに,各カテゴリーの望ましい状態について検討し,状態の具体例を併記したうえで,各部署の担当者が記入できるような形式とした。2年間で11の部署による試用の結果を基に修正を行い,9の大項目と45の中項目からなる当該医療機関の特徴に適合したチェックリストが完成した。(表1,図3)

著者関連情報
© 2012 公益財団法人 労働科学研究所
前の記事
feedback
Top