労働科学
Online ISSN : 2187-2570
Print ISSN : 0022-443X
短報
把持力検証による金相試験片研磨における熟練者技能の研究
杉本 卓也高井 由佳弓永 久哲後藤 彰彦濱田 泰以
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 89 巻 6 号 p. 213-217

詳細
抄録

金属熱処理の品質評価に使用される顕微鏡用試料は手作業により鏡面仕上まで研磨されるが,品質評価に耐えうる試料に仕上げるには長年の訓練が必要となる。この顕微鏡用試料の作成は部品の 「切断」 「包埋」 「研磨」 により達成される。この研磨技術に関して,熟練者が長年の経験によって得たコツや勘は,暗黙知という形で伝えられており,形式知化されていない。このため,非熟練者への継承は容易ではなく,また効率も悪い。本研究では熟練者と非熟練者による把持力を比較し,把持力の違いが研磨面に与える影響を調査した。その結果,熟練者の把持力は持続的で,母指と中指の把持力分布は同等であり,研磨面の粗さばらつきは小さかった。(図3)

著者関連情報
© 2013 公益財団法人 労働科学研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top