映像情報メディア学会誌
Online ISSN : 1881-6908
Print ISSN : 1342-6907
ISSN-L : 1342-6907
研究速報
運動視におけるマスキング現象の空間周波数特性
~課題による二面性~
井戸 啓介
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 70 巻 5 号 p. J114-J117

詳細
抄録

3フレームで連続呈示されるグレーティングパターンを用いて,先行フレーム間で知覚される仮現運動による後続(テスト)刺激へのマスキング効果を測定した.被験者の課題がテスト刺激の単純検出であった場合と,運動方向判断であった場合とで,マスキング効果によるコントラスト閾値上昇の空間周波数特性に大きな違いが生じた.この結果について,運動検出の二つのプロセスという観点から考察を行った.

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 映像情報メディア学会
前の記事
feedback
Top