J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

映像情報メディア学会誌
Vol. 70 (2016) No. 7 p. J146-J157

記事言語:

http://doi.org/10.3169/itej.70.J146

論文

煙の空間濃度分布の計測は流れの可視化など様々な分野への応用が期待されるが,煙の動的な空間濃度分布を推定する手法はいまだ確立されていない.本研究では,煙の空間濃度分布の推定のために,ライトフィールドカメラを用いた方法を提案する.提案手法では,煙をライトフィールドカメラにより撮影し,得られたライトフィールドから初期濃度分布を決定する.初期濃度分布はカメラの視線方向に対するボケの影響を含んでいるため,煙の光学的モデルに基づいた最適化により,空間的ボケを除去することで,煙の空間濃度分布を推定する.本論文ではシミュレーション実験および実測による実験を行い,提案手法の評価を行った.シミュレーションにより濃度分布を推定できることが定量的に示され,ボケ除去の手法の有効性が示唆された.また,実測により,煙の濃度分布推定が可能であることが確認できた.

Copyright © 2016 一般社団法人 映像情報メディア学会

記事ツール

この記事を共有