J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

映像情報メディア学会誌
Vol. 52 (1998) No. 6 P 899-901

記事言語:

http://doi.org/10.3169/itej.52.899


ホログラムが微細な画素構造を有していることから, 隣接した画素間の差分を利用して計算機合成ホログラムを高速に近次計算する方法を検討した.その結果, 再生像に影響しない範囲で高速な計算が実現できた.

Copyright © 社団法人 映像情報メディア学会

記事ツール

この記事を共有