映像情報メディア学会技術報告
Online ISSN : 2424-1970
Print ISSN : 1342-6893
ISSN-L : 1342-6893
セッションID: ENT2015-7
会議情報
"All hazards"アプローチによる統合的リスクガバナンスの可能性(シンポジウム 低頻度大規模災害のリスクマネジメント)
岸本 充生
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

2000年代に入り,欧米では"all hazards"アプローチによるリスクガバナンスを開始した.日本でも東日本大震災が変化のきっかけに同様のアプローチが採用されるかと思われたが,教訓としての「想定外をなくせ」は,関係者をひたすら特定のワーストケースのシナリオを想定する作業に向かわせている.また,リスクガバナンスという俯瞰的な考え方も欠けたままである.本稿では,"all hazards"アプローチを実現するために,有識者へのアンケートを用いたリスクランドスケープの調査と,より体系的でより客観的なリスクアセスメントの試みを紹介するとともに,そのために必要な安全領域とセキュリティ領域の統合の試みについて述べる.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 映像情報メディア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top