伊豆沼・内沼研究報告
Online ISSN : 2424-2101
Print ISSN : 1881-9559
ISSN-L : 1881-9559
東京都多摩川水系大丸用水で確認された魚類
古旗 崚一 内田 大貴栗田 和弥
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 14 巻 p. 113-122

詳細
抄録

多摩川流域内の各水域では,多様な魚類の生息が確認されており,大部分は,河川や水路内に定住する魚類が多くを占めるが,海と川を回遊する魚類等も確認され,それぞれの種の貴重な生息場所となっている.中でも,都市部では,宅地化に伴う水田の減少による生息場所の劣化,また,水路の直線化やコンクリート化が進み,魚類の生息場が劣化・消失している.本研究では,多摩川から取水する大丸用水で2017 年の8 月から11 月にかけて,魚類相の調査を実施した.その結果,3 種の在来魚と10種の外来魚が確認された.水路は現在も継続的に改修工事が行われており,2017年当時の改修前の大丸用水の魚類相を示したことは,将来的な水路復元事業の一助となるだろう.

著者関連情報
© 2020 公益財団法人 宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団
前の記事 次の記事
feedback
Top