学術情報処理研究
Online ISSN : 2433-7595
Print ISSN : 1343-2915
原著論文
業務データの機械学習を利用したファジィモデルに基づく業務及びマネジメントシステム運用分析
塩野 康徳
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 24 巻 1 号 p. 10-18

詳細
抄録

組織を円滑に運用し,サービス提供などの業務を行うためには,適切なマネジメントが不可欠であり,組織の活動全体と取り巻く環境を俯瞰し,現状を把握していかなければならない.そのため,実際の業務との関連性を分析する手法が必要になってくる.業務効率化や意思決定に有用なわかりやすい分析手法が実現できれば,組織を効率的かつ効果的に運用しやすくなる.一方,筆者はこれまでにファジィグラフを用いた有効な分析手法の研究を行っている.そこで本論文では,業務やマネジメントシステム運用で蓄積されたデータを利用して,ファジィモデルによる組織運用に有効な業務とマネジメントシステム運用の分析手法について述べる.モデル化では,業務データを学習させた機械学習(ニューラルネットワーク)を利用し,ファジィグラフにより関連性を可視化する.業務データとしては,実際に横浜国立大学情報基盤センターで蓄積したデータを用い,分析と考察を行う.

著者関連情報
© 2020 学術情報処理研究編集委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top