日本呼吸器外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-4158
Print ISSN : 0919-0945
ISSN-L : 0919-0945
症例
縦隔から腹腔内に進展した結核性膿瘍の一例
前田 亮住友 伸一松岡 勝成三崎 伯幸中島 大輔中島 成泰
著者情報
キーワード: 結核, 膿瘍
ジャーナル フリー

2006 年 20 巻 7 号 p. 919-922

詳細
抄録

症例は65歳男性.腹部膨満感を自覚し,当院消化器科を受診した.胸部CTで,縦隔から腹腔内に進展する10cm大の腫瘤を認め,当科に紹介受診となった.診断加療目的で,手術を施行したところ,腫瘤内より膿汁の流出を認め,抗酸菌塗沫2+,結核菌PCR陽性であり,結核性膿瘍と診断した.心膜の石灰化を認め,結核性心膜炎の遺残病巣が縦隔から腹腔内に進展し膿瘍を形成したものと考えられた.

著者関連情報
© 2006 特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top