日本呼吸器外科学会雑誌
Online ISSN : 1881-4158
Print ISSN : 0919-0945
ISSN-L : 0919-0945
症例
直腸癌胸壁転移の1切除例
星野 英久石川 亜紀門山 周文
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 27 巻 5 号 p. 594-599

詳細
抄録

66歳,男性.直腸癌に対し低位前方切除術施行.以後TS-1内服し経過観察されていたが,CEAの上昇,胸部CTで左上葉に2ヵ所の結節および左胸壁腫瘤を認め,当科紹介受診となった.転移性肺腫瘍,胸壁腫瘍を疑い手術施行.左上葉肺部分切除+左胸壁腫瘍切除術を行なった.術後病理で直腸癌の肺・胸壁転移と診断された.退院後,オキサリプラチン+TS-1による全身化学療法施行され,術後1年経過するも明らかな再発所見は認めていない.直腸癌胸壁転移の切除例は稀であり,その手術適応に関しては今後の症例の蓄積が必要と考え報告する.

著者関連情報
© 2013 特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top