支援対話研究
Online ISSN : 2432-6577
Print ISSN : 2188-2177
ISSN-L : 2188-2177
今、日本企業に求められるエグゼクティブ・コーチング
松枝 修Haraguchi Yoshinori
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 6 巻 p. 30-45

詳細
抄録

現在の日本企業では、ここ数年でエグゼクティブ・コーチングの導入が進んでいることが想定される。しかし、実際の状況については、守秘義務のあるサービスであるため、明らかになっていないと言える。このため、情報の非対称性が発生し、質が担保されない可能性がある。この報告では、実際にエグゼクティブ・コーチングを提供している著者達の視点から、現在どのような意図でエグゼクティブ・コーチングが求められているのか、どのようなプロセスで提供されているのか、そこにどのような課題があるのか、について記録することを試みる。これにより、執筆者達は、この文章が、日本のエグゼクティブ・コーチング全体の質の向上につながる最初のアクションになることを意図している。

著者関連情報
2020 一般社団法人日本支援対話学会
前の記事 次の記事
feedback
Top