日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
東北地方太平洋沖地震における利根川流域の液状化被害
先名 重樹長谷川 信介前田 宜浩藤原 広行
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 12 巻 5 号 p. 5_143-5_162

詳細
抄録

東北地方太平洋沖地震では、東京湾岸だけでなく、利根川流域においても多数の液状化現象が発生し、場所によっては、ライフラインの寸断、住宅基礎の破壊や不同沈下など、甚大な被害が発生した。本報告では、利根川流域における液状化被害の全体像をとらえることを目的として、茨城県・千葉県内の主に利根川流域における計29市町について現地調査を実施した。調査内容は、各市町の情報を収集したのち、現地においての写真撮影、住民へのヒアリング等を実施した。利根川流域における液状化の特徴として、激しい液状化が見られたのは、ほとんどが海や池、河川を埋め立てた人工地盤であった。しかしながら、ごく一部では、自然地盤でも液状化現象が見られた。また、本報告では、参考までに、関東地方全体の液状化地点情報と微地形区分毎の液状化発生頻度および確率についても計算し、結果の検討を行った。今回の地震における液状化は、過去の液状化被害のあった地震と比べて、微地形区分に基づく液状化発生確率が、非常に大きくなることが分かった。

著者関連情報
© 2012 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top