J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本地震工学会論文集
Vol. 15 (2015) No. 7 特集号「第14回日本地震工学シンポジウム」その1 p. 7_49-7_59

記事言語:

http://doi.org/10.5610/jaee.15.7_49

論文

本論文では、東日本大震災で発生した液状化被害から、あるいはその解釈から、読み取れる現状の液状化研究の課題のいくつかを取り上げ、著者らの考えを述べている。具体的には、地盤の液状化予測判定法に関する課題、液状化による地盤の沈下量評価に関する課題、河川堤防の液状化被害に見る課題等を、被害事例や実験結果に基づいて論じている。今次の被害を現状の技術の延長線上でとらえることに限界があることを示し、新たな概念に基づく液状化被害の予測対策技術の開発が必要であることを述べている。

Copyright © 2015 一般社団法人 日本地震工学会

記事ツール

この記事を共有