日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
ヨーロッパ型降伏理論に基づくCLT鋼板ボルト接合部の降伏荷重の推定
中島 昌一荒木 康弘北守 顕久中川 貴文五十田 博河合 直人
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 5 号 p. 5_311-5_323

詳細
抄録

CLTを用いた建築構造物のパネル端部を対象とした,CLTと鋼板のボルト接合部の降伏荷重の推定と実験による検証を実施した.接合形式(鋼板添板一面せん断接合,鋼板添板二面せん断接合,鋼板挿入二面せん断接合)と層構成(3層3プライ,5層5プライ),ボルト径(12mm,16mm,20mm)をパラメータとして,それぞれの条件における単位接合部の降伏荷重をヨーロッパ型降伏理論に基づき推定し,CLTと鋼板を使用したボルトのせん断実験により検証した.実験値と計算値は良い一致を示し,式の有用性が確かめられた.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top