日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
2016年熊本地震系列の強震記録から分離した震源・伝播経路・サイト増幅特性
染井 一寛浅野 公之岩田 知孝宮腰 研吉田 邦一吉見 雅行
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 6 号 p. 6_42-6_54

詳細
抄録

2016年熊本地震および一連の地震活動による熊本県および周辺177地点での強震記録に対してスペクトルインバージョン法を適用し, 震源・伝播経路・サイトの各特性を分離した.地震基盤から地表までのS波サイト増幅特性は, 平野や盆地内の観測点では他点に比べ1 Hz付近で大きな値を示した.分離した182地震(MJMA: 3.0-5.5)の震源スペクトルから推定した応力降下量には, 震源深さ依存性が見られた.また, 分離したQs値は, 0.5-10 Hzの周波数帯域でQs=73.5f0.83とモデル化された.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top