選挙研究
Online ISSN : 1884-0353
Print ISSN : 0912-3512
なぜ経済的保守派は社会的に不寛容なのか
草の根レベルの保守主義の形成における政治的・社会的要因
飯田 健
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 28 巻 1 号 p. 55-71

詳細
抄録

一般市民レベルにおける保守主義はどのようにして形成されるのか。なぜ結びつくことが必ずしも自明ではないいくつかの政治的態度が保守主義の名の下に結びつくのか。アメリカでは,福祉の抑制や均衡財政を目指すいわゆる経済的保守主義も,中絶の禁止や同性婚の禁止を訴える社会的な保守主義も同じ保守主義の名の下に一つのイデオロギーとして括られる。これらの態度は必ずしもそれらを結びつける論理が存在しないにもかかわらず,現実として人々の態度において同時に存在することが多い。その原因として,政党および伝統的共同体の役割が考えられる。こうした可能性を検証するべく,データ分析を行った結果,アメリカにおいて共和党支持者や福音派ほど,また共和党の勢力が強い地域やキリスト教的価値観が強い地域に住んでいる者ほど経済的保守主義と社会的保守主義とが,その態度において結びつくことがわかった。

著者関連情報
© 2012 日本選挙学会
前の記事 次の記事
feedback
Top