選挙研究
Online ISSN : 1884-0353
Print ISSN : 0912-3512
ISSN-L : 0912-3512
震災後の不安感と被害金額の規定因
被害と社会階層に関する仙台仙北調査の計量分析
村瀬 洋一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2013 年 29 巻 1 号 p. 102-115

詳細
抄録

本研究の目的は,震災による被害と,今後の不安感の規定因について解明することである。仙台市と,その北部に隣接する内陸部の郡部(仙北地域)において,独自の統計的社会調査を行った。分析の結果,不安感は財産保有数や階層帰属意識などが影響しており,社会階層構造との関連があると言える。また,企業規模や関係的資源や居住年数も,不安感に影響を与えていた。被害金額は,関係的資源や財産保有数に規定されており,社会階層との関連があった。また,地域ダミー変数も規定力を持っていた。被害金額については地区別の違いが明確にあったが,不安感ではなかった。社会意識については,住んでいる地区の特徴よりも,現在の仕事の状況や,従業上の地位の影響が強い。日本においても,被害や意識に対し,財産保有や関係的資源など社会階層の影響があるといえる。

著者関連情報
© 2013 日本選挙学会
前の記事 次の記事
feedback
Top