日本原子力学会誌
Online ISSN : 2186-5256
Print ISSN : 0004-7120
原子力災害時における甲状腺防護剤としての安定ヨウ素
今堀 彰
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 30 巻 2 号 p. 135-139

詳細
抄録

原子力災害時における一般公衆を対象とした防護対策の一環として,チェルノブイリ原発事故で一躍脚光を浴びたヨウ素剤の使用がある。これは原子炉事故時に周辺環境に放出される放射性ヨウ素による周辺住民の甲状腺内部被曝を防護する目的で,安定ヨウ素(KI, KIO3等)を周辺住民に対して事前あるいは事故直後に配布し服用させるものである。
本稿では,一般公衆を対象としたヨウ素剤使用計画の現況を紹介し問題点を検討する。

著者関連情報
© by the Atomic Energy Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top