J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本原子力学会誌
Vol. 37 (1995) No. 11 P 988-1016

記事言語:

http://doi.org/10.3327/jaesj.37.988


昨年(1994年),日本の国際収支における対アジア経常黒字額が,欧米諸国(OECD23ヵ国)に対する経常黒字額をはじめて上回る(大蔵省による1994年地域別国際収支統計)というアジアの急激な経済成長と,世界経済の規模の拡大の中で,世界第6位の産油量を誇る中国が石油の輸入国になった。温暖化をはじめとする地球環境問題とエネルギー問題は将来に向けての選択肢を,特に将来世代の選択肢を急速に狭めつつあるように感じさせる。環境への負担の小さい代替エネルギー化の推進が欠かせないゆえんである。現在最も有望な原子力の利用に関し,放射性廃棄物の処分技術の確立とその社会的認知が最優先課題とされている。そこで,本「特集」では,高レベル放射性廃棄物の地層処分の現状と課題について紹介する。

Copyright © by the Atomic Energy Society of Japan

記事ツール

この記事を共有