日本原子力学会誌
Online ISSN : 2186-5256
Print ISSN : 0004-7120
高レベル放射性廃棄物処分の安全評価の現状と課題
佐藤 正知村岡 進村野 徹湯佐 泰久馬場 恒孝梅木 博之吉田 英一中山 真一出光 一哉塚本 政樹大江 俊昭長崎 晋也木村 英雄安 俊弘蛭沢 重信村野 徹森山 裕丈
著者情報
ジャーナル フリー

37 巻 (1995) 11 号 p. 988-1016

詳細
PDFをダウンロード (15265K) 発行機関連絡先
抄録

昨年(1994年),日本の国際収支における対アジア経常黒字額が,欧米諸国(OECD23ヵ国)に対する経常黒字額をはじめて上回る(大蔵省による1994年地域別国際収支統計)というアジアの急激な経済成長と,世界経済の規模の拡大の中で,世界第6位の産油量を誇る中国が石油の輸入国になった。温暖化をはじめとする地球環境問題とエネルギー問題は将来に向けての選択肢を,特に将来世代の選択肢を急速に狭めつつあるように感じさせる。環境への負担の小さい代替エネルギー化の推進が欠かせないゆえんである。現在最も有望な原子力の利用に関し,放射性廃棄物の処分技術の確立とその社会的認知が最優先課題とされている。そこで,本「特集」では,高レベル放射性廃棄物の地層処分の現状と課題について紹介する。

著者関連情報
© by the Atomic Energy Society of Japan
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top