日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
症例報告
甲状腺腫瘍との鑑別を要した原発性副甲状腺機能亢進症の2例
橘 正剛佐藤 伸也横井 忠郎中武 伸元深田 修司田尻 淳一山下 弘幸
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2012 年 29 巻 1 号 p. 80-84

詳細
抄録

甲状腺病変との鑑別を要した原発性副甲状腺機能亢進症(pHPT)の2例を呈示する。(症例1)38歳女性。乳癌検診を機に甲状腺左葉の濾胞性腫瘍と診断され,手術目的で当院受診となった。細胞診で副甲状腺由来の異型細胞が疑われ,生化学的にもpHPTの所見であった。よって甲状腺内の結節性病変を腫大腺と診断し,副甲状腺腺腫摘出術を施行した。(症例2)57歳男性。前医で高Ca血症を指摘され,生化学的にpHPTが疑われた。頸部USでは甲状腺右葉に径40mmの腫瘤性病変を認め,細胞診並びに,穿刺針の洗浄液のintact PTH(FNAB-PTH)測定を施行した。細胞診は良性で,FNAB-PTHは5,000pg/ml以上であった。甲状腺の結節性病変を腫大腺と診断し,副甲状腺腺腫摘出術を施行した。2例とも組織診断は副甲状腺腺腫であった。結節性甲状腺腫の診断時には,甲状腺病変との鑑別を要するpHPTも念頭に置き,Ca,IPを測定することが重要と考えられた。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top