日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特別寄稿
我が国における分化型甲状腺癌の放射性ヨード内用療法:アブレーションとリコンビナントヒトTSH(rhTSH,タイロゲン)の有用性
高見 博伊藤 公一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2012 年 29 巻 3 号 p. 230-233

詳細
抄録

我が国の分化型甲状腺癌に対しての放射性ヨード内用療法は年々,実施数が増えてきている。しかし,実施に必要な放射線治療病室が少なく,その稼動病室も減少してきているため,患者の待機期間が長くなってきている。しかし近年,内用療法を取り巻く環境が変わってきた。一つは,遠隔転移のない全摘術後の患者には1,110MBq(30mCi)投与の残存甲状腺に対するアブレーションが外来で実施可能となった。さらにリコンビナントヒトTSH(rhTSH,タイロゲン)にアブレーションの補助としての効能追加が認められたことである。今後,タイロゲンを併用することで,患者のQOLを低下させずにアブレーションを実施できることが期待される。

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top