日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
原著
当科で経験した骨型原発性副甲状腺機能亢進症の臨床的検討
大場 崇旦小山 洋前野 一真望月 靖弘伊藤 研一天野 純
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2012 年 29 巻 3 号 p. 234-237

詳細
抄録

原発性副甲状腺機能亢進症は発見契機により生化学型,腎結石型,骨型に分類され,骨型は8%程度と最も少ない。1996年4月から2011年6月までに当科で経験した骨型原発性副甲状腺機能亢進症7例の臨床的特徴を検討した。7例中3例が骨折を契機に,4例が骨痛を契機に診断された。術前に頸部超音波および99mTc-MIBIシンチグラフィが全例で施行され,7例中3例で頸部CT,4例でMRIが追加され,腫大副甲状腺を局在診断しえた。なお,腫大副甲状腺は全例1腺のみであった。一側検索手術が5例,一腺摘除術が2例に施行され,全例で術後の血清Ca値,i-PTH値が基準値内に低下し治療効果が得られ,骨痛を契機に診断された4例では症状の改善を認めた。骨痛を有する骨型副甲状腺機能亢進症では外科的治療により骨症状の改善が期待でき,日常診療で遭遇しやすい高齢者の骨症状に対しては,頻度は低いものの本疾患の可能性があることを知っておく必要であると考えられる。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top