日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
症例報告
局所および硬膜外麻酔併用にて手術しえた,超高齢者両側乳癌の1例
近藤 亮一藤田 知之西村 基越川 佳代子亀田 典章藤森 実
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2014 年 31 巻 1 号 p. 64-68

詳細
抄録

【症例】98歳,女性。【現病歴】平成20年10月,左乳房腫瘤を認めたため当院受診した。触診上左乳輪・乳頭下に4cm大の腫瘤を触知した。マンモグラフィ,超音波検査施行後,左右とも穿刺吸引細胞診にて悪性の診断を得た。局所および硬膜外麻酔併用にて左単純乳房切除術,右乳房円状部分切除術を施行したが手術時間は両側合わせて33分であった。病理組織学的診断で左は硬癌,T2,N0,M0,StageⅡA,ER(+),PgR(+),右は非浸潤性乳管癌,Tis,N0,M0,Stage0の結果を得た。【結語】超高齢者に発生した同時性両側乳癌を局所および硬膜外麻酔併用にて手術しえた経験をした。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top