日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集1
副腎性クッシング症候群の術前診断と術後管理
関 敏郎安田 敦深川 雅史花井 一也寺地 敏郎
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2015 年 32 巻 4 号 p. 234-238

詳細
抄録

副腎性クッシング症候群はACTH非依存性であり腺腫・癌腫・過形成・異形成が原因となる。本症候群による高コルチゾール血症は生命予後を著しく低下させるため,存在診断は確実に行う必要がある。コルチゾールの自律的分泌能が低い症例や周期性を示す症例では,存在診断が困難となる場合がある。副腎偶発腫瘍の指摘が増加する中,クッシング徴候を示さないサブクリニカルクッシング症候群の診断には注意が必要である。本症候群においては治療の第一選択は手術である。安全で適切な手術を施行するには局在診断が重要となる。典型的な片側性の腫瘍であれば局在診断は容易であるが,両側性の腫瘍では診断は困難となる場合がある。中でも,クッシング症候群と原発性アルドステロン症を合併する場合,局在診断には副腎静脈サンプリングが有用となる。術後管理においては腫瘍摘出直後より生じる副腎皮質機能低下症に対する対策を徹底させることに尽きる。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top