日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
症例報告
集学的療法によって寛解に至った甲状腺未分化癌3例
野口 仁志内野 眞也村上 司山下 裕人野口 志郎
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 33 巻 2 号 p. 128-134

詳細
抄録

甲状腺未分化癌は極めて予後不良な疾患であり,確立した治療法は今のところ存在しない。われわれは2006年からドキソルビシン(DXR)とシスプラチン(CDDP)を使用する化学療法にバルプロ酸を併用する方法を試行しており,手術と放射線治療を加えた集学的治療によって予後の改善に努めている。その結果として,手術から2年以上経過しても無再発生存している症例を3例経験したのでここに報告する。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top