日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集1
「特集1.甲状腺内視鏡手術・今後の課題と展望」によせて
寺地 敏郎
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 33 巻 4 号 p. 199

詳細
抄録

本特集は2016年5月26日(木),27日(金)の2日間に渡りロイヤルホールヨコハマで開催した第28回日本内分泌外科学会総会の,シンポジウム1で行われた講演内容を論文化していただいたものである。座長の労は鳥取大学の北野博也先生ならびに日本医科大学の清水一雄先生にお取りいただいたが,大会長として第33巻第4号の特集1を企画せよとのことで,2016年4月にようやく保険収載された内視鏡下甲状腺手術の話題は実にタイムリーであり,門外漢ではあるが本シンポジウムを推薦させていただいた。今回の保険収載では悪性腫瘍に対する内視鏡手術は認められず,先進医療Aとして継続されるとのことである。ジンポジウムでは,悪性腫瘍に対する内視鏡下甲状腺手術の保険収載に向けての学会としての取り組みも含めて議論していただいた。諸兄の議論と取り組みのひとつの指針となれば幸いである。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top