日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集1
甲状腺内視鏡手術・今後の展望における問題点と課題
原 尚人松尾 知平高木 理央星 葵佐々木 啓太橋本 幸枝澤 文周山 理紗岡崎 舞島 正太郎田地 佳那寺崎 梓市岡 恵美香斉藤 剛井口 研子都島 由希子池田 達彦坂東 裕子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 33 巻 4 号 p. 205-209

詳細
抄録

2016年4月内視鏡甲状腺手術が良性疾患に対して念願の保険収載が認められた。しかし,質の担保などの課題は残る。今後の最大目標は今回見送られた悪性腫瘍に対する内視鏡甲状腺手術の保険適応である。しかし,難解な問題点と課題が山積みである。そして将来は日本独自のロボット支援手術機器の開発が望まれると考える。これら今後の展望における問題点と課題についての考えを述べる。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top