日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
原著
当科における局所の顕微鏡的残存を伴った甲状腺乳頭癌症例の検討
齋藤 亙田中 克浩小倉 一恵岸野 瑛美菅原 汐織山本 正利小池 良和太田 裕介山下 哲正野村 長久山本 裕紅林 淳一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2016 年 33 巻 4 号 p. 254-258

詳細
抄録

甲状腺分化癌は予後良好な癌であるが,被膜外へ浸潤するような局所進行例も存在する。今回われわれは,当科で初回治療した甲状腺乳頭癌(低分化癌を含める)で,局所に顕微鏡的残存腫瘍があると考えられる症例を検討した。

2000年1月~2008年12月までに当科で初回治療した甲状腺分化癌250症例のうち,遠隔転移がなく局所に顕微鏡的残存腫瘍が疑われる15症例を検討した。

年齢の中央値は66歳(32~82歳),男性6例,女性9例であり,観察期間の中央値は100カ月であった。また15例中4例が低分化癌であった。被膜外浸潤部位としては反回神経が11例,気管が10例,食道が5例(重複あり)であった。術式は全例に甲状腺全摘+頸部リンパ節郭清を施行し,反回神経浸潤に対してはshavingが7例,神経切除+再建術が4例,気管浸潤に対してはshavingが8例,環状切除が2例であった。また,食道浸潤5例に対しては全例食道筋層切除を施行した。術後の再発は2例(13.3%)認めたが,いずれも頸部リンパ節再発であり,顕微鏡的残存部位からの再発は認めていない。死亡例も2例認めるが,いずれも他病死であった。

甲状腺乳頭癌では,手術による肉眼的残存をなくすことにより顕微鏡的残存部位への再発は認めておらず,その後の長期の生存が見込まれる。また,shavingはQOLを損なわずに治療できる有効な方法であると考えられる。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top