日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
症例報告
進行甲状腺癌にレンバチニブを使用した維持透析患者の1例
松尾 知平池田 達彦河村 千登星佐々木 啓太高木 理央星 葵周山 理沙田地 佳那市岡 恵美香井口 研子坂東 裕子原 尚人
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2017 年 34 巻 3 号 p. 195-199

詳細
抄録

根治切除不能な放射性ヨウ素内用療法(RAI)抵抗性の甲状腺癌患者に対してレンバチニブの保険適用が承認されたが,血液透析患者に対する適切な投与方法は不明確であり,有効性や安全性についても未だ報告はされていない。

今回われわれは血液透析中の根治切除不能な甲状腺癌患者に対してレンバチニブを使用した1例を経験した。本症例では過去の文献を踏まえレンバチニブの初回投与量を14mg/日とした。有効性についてはday139の時点で腫瘍縮小率42%と治療効果を認めた。一方,安全性についてはGrade3の手足症候群・下痢・高血圧,Grade1・2の気管支出血・肺感染症・肝機能障害・血小板数減少・悪心・疲労感を認めたが適宜休薬・減量を行いレンバチニブの継続投与が可能だった。本症例の詳細な検討に安全性や初回投与量に関する文献的考察を加え報告する。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top