日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集2
内視鏡手術における術中神経モニタリングのこつ
原 尚人
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2020 年 37 巻 3 号 p. 197-202

詳細
抄録

内視鏡下甲状腺手術には様々なアプローチが開発され,さらにロボット支援下手術の開発も進んでいる。そのいずれにおいても,通常開放手術と同様もしくはそれ以上に術中神経モニタリングは有用である。どのアプローチにおいても,ガイドラインに準じての術中神経モニタリング施行手順を守ることと,反応消失時の評価手順によるトラブルシューティングが最大の「こつ」である。アプローチによっては電極プローベの工夫が必要であるが,新たな開発が期待される。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top