J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 51 (2009) No. 1 P 15-41

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh.51.15

論文

大阪盆地の地下水の涵養源と流動場をとらえるため、標高-300m以浅の地下水を対象に、水位分布、および地形・帯水層構造と地下水の酸素および水素の安定同位体比、トリチウム濃度、硝酸態窒素濃度、主要溶存成分の空間分布を調べた。地下水の酸素および水素の安定同位体比から、地下水は盆地の周りの山地と丘陵地や台地で涵養されていること、そして、帯水層中を通って、硝酸を盆地の標高-300mの地下深くまで輸送していることが明らかになった。いくつかの涵養域について、帯水層中の地下水の涵養速度や移動速度を概略的に見積ると、鉛直方向と水平方向について各々、2-9m/yおよび、0.1-1km/yと推定された。

Copyright © 2009 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有