J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 52 (2010) No. 1 P 75-77

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh.52.75

50周年特集号

愛媛県西条市は自噴水「うちぬき」等、良質な地下水が住民の生活の糧として現在も利用されており、自家用水(上水道ではなく各戸が井戸を使用)の家庭が50%を占めています。
この地下水は地下20m~50mの比較的浅い帯水層から汲み上げられていますので、将来懸念されるその水質・水量を保全することが行政の最重要課題となっています。
地下水の動きを解明する為に、西条市は過去および現在に科学的に緻密な地下水資源調査を行ってきました。

Copyright © 2010 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有