J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 53 (2011) No. 3 P 249-265

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh.53.249

論文

地下水面の潮汐応答データを用いて原位置における沿岸不圧帯水層の物性評価を行うため、主要四分潮から成る潮位変動の境界条件の下でBoussinesq方程式の摂動解を導いた。得られた摂動解を用いて、伊豆諸島新島の白ママ層中の不圧帯水層の地下水面変動の時系列観測データに対するパラメータフィッティングを行い、帯水層物性評価を試みた。その結果、透水量係数が0.12∼1.7m2/sであると推定された。この結果は、地下水面変動の振幅・位相のどちらからも同様な値が求められおり、さらにDupuit-Ghyben-Herzbergモデルを用いた解析の結果とも矛盾しておらず、適切に評価されたと考えられる。

Copyright © 2011 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有