地下水学会誌
小特集技術報告
2011年東北地方太平洋沖地震による仙台平野南部地域での地下水環境変化について
森 一司高橋 朋佑岡庭 信幸柴崎 直明大内 拓哉
著者情報
ジャーナル フリー

54 巻 (2012) 1 号 p. 11-23

詳細
PDFをダウンロード (1913K) 発行機関連絡先
抄録

2011年東北地方太平洋沖地震に伴う津波によって,仙台平野南部地域は広範囲に浸水被害を被った。本地域で2008年から継続してきた地下水位と水質の観測によれば,地下水位は地震直後に瞬間的に上昇し,やがて約1時間後に襲来した津波によってさらに大きく上昇した。地下水の塩分濃度は震災前では概ね0.7mS/cm以下であったが,震災後は最大3mS/cm程度まで増加し,8か月経過した時点でも震災前の状態には回復していない。

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top