地下水学会誌
技術報告
富士山北麓地域の地下水のフッ素濃度と地下水面について
尾形 正岐小林 浩輿水 達司
著者情報
ジャーナル フリー

56 巻 (2014) 1 号 p. 35-51

詳細
PDFをダウンロード (2184K) 発行機関連絡先
抄録

富士山北麓地域の地下水に含まれるフッ素について検討した。富士山北麓地域の特に河口湖周辺地域の地下水中のフッ素濃度の分布や地質,地下水面標高を解析したところ,河口湖周辺地域の地下水に含まれるフッ素は富士火山堆積物由来のフッ素であると考えられる。また,河口湖南側の地下水面標高が800mから900mの地点において富士山に涵養される地下水の地下水面について検討した。本研究で得られた地下水面勾配は過去に示された地下水面勾配と比べて2分の1から3分の1程度であり,緩やかであると考えられた。

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top