J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 56 (2014) No. 2 p. 107-119

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh.56.107

短報

東北地方太平洋沖地震の8ヵ月後である2011年11月に,津波の被害を受けた南三陸町において,地下水,河川水と土壌のサンプリングを行い,主要イオン濃度,重金属濃度,放射能濃度を調査した。ヘキサダイアグラムによると助作の地下水はNa-Cl 型となっていた。これは海水の影響であると推定される。またPb 濃度が地下水および河川水のサンプルで水道水質基準0.01mg/l を超えていた。放射能濃度測定の結果,土壌表層において,低濃度であるもののCs-134とCs-137が検出され,原発事故の影響を受けていることが分かった。

Copyright © 2014 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有