地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
論説
地下水硝酸汚染研究における最新のトレンドと今後の方向性:熊本地域の事例を通して
細野 高啓林 殷田アルバレス ケリー森村 茂曾 祥勇森 康二田原 康博松永 緑ホセイン シャハダッド嶋田 純
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 57 巻 4 号 p. 439-465

詳細
抄録

熊本地域における地下水硝酸性窒素の由来ならびに帯水層中での硝酸イオンの振る舞いについて,最新の研究を通して明らかになってきた成果を解説する。特に,最新の同位体トレーサー法を駆使して解明されてきた,帯水層中における硝酸汚染の自然浄化機能として重要な脱窒現象の実態について解説する。合わせて,現在進行中の微生物培養実験,菌叢解析,不飽和帯土壌解析,地下水シミュレーションを応用した研究の進捗ついても紹介する。地域地下水における硝酸汚染への対策に臨むに当たり,多角面からの解析結果を統合してその動態を理解することが望ましく,こうした概念が将来の研究に浸透していくことが期待される。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top