地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
論文
長崎県島原市を対象とした地下水に対する農業由来の窒素負荷ポテンシャルマップの妥当性について
中川 啓渡辺 貴史天野 弘基
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 57 巻 4 号 p. 483-493

詳細
抄録

硝酸性窒素による地下水汚染が顕在化している長崎県島原市を対象として,農業集落カードを用いた窒素負荷ポテンシャルマップ作成の妥当性について検討した。農業集落カードによるポテンシャルマップは,航空写真から目視により畜舎や畑の分布を判別して作成した詳細なポテンシャルマップとも高い窒素負荷がもたらされる集落が整合する結果が得られた。作成された農業集落カードによるポテンシャルマップによると,窒素負荷ポテンシャルの高い集落の下流側では,地下水の硝酸性窒素濃度が高い傾向が窺えた。また旧市町村ごとの窒素負荷ポテンシャルマップの変化を調べたところ,1985年を境にポテンシャルの分布に変化が見られた。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top