地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
ISSN-L : 0913-4182
論文
井戸データベースを用いた地盤情報推定システムの開発その2
確率加重平均による平均透水係数推定法の評価
阪田 義隆葛 隆生長野 克則丸井 敦尚
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 60 巻 3 号 p. 273-288

詳細
抄録

本研究では,開発を進める地盤情報推定システムにて地質の分布確率と固有透水係数の対数加重平均から平均透水係数を推定する手法を示す。本推定法を既存の揚水試験箇所に適用し,試験結果を最も再現する固有透水係数を最小二乗法により決定した。その際,地質を8区分した標準区分と地形・時代で細分した最多区分を設定し,地質柱状図から単純加重平均する従来法と再現性を比較した。その結果,本推定法は地質区分に依らず従来法より高い再現性を示した。また標準区分から最多区分へのステップ交差検証法により,地質の最適区分を決定した。最後に地質毎の固有透水係数と有効熱伝導率の関係から地下水流れを考慮した地中熱利用の可能性を考察した。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top