地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
ISSN-L : 0913-4182
カトマンズ盆地の地下水賦存評価
Suresh Das SHRESTHARoshani KARMACHARYAG. K. RAO
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 38 巻 1 号 p. 29-40

詳細
抄録

ネパール国カトマンズ盆地には礫層を主体とした鮮新・更新統が広く発達している.この礫層は.盆地北部では不圧地下水の帯水層で.南部では被圧地下水の帯水層を形成し.その中間の中央部では半被圧帯水層となっている.これらの帯水層には15m程度の井戸が掘削され.主として飲雑用水として利用されている.盆地全体の地下水流動量は1,380m3/dayであるが.雨期にはほぼその2倍に増大する.しかしながら.カトマンズ盆地の水利用量の40%をしめる地下水使用量の増加によって.水位低下などの障害が心配されてきた.そこで.特に北部についてはマルチパーパス計画を行うべきである.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top