J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 43 (2001) No. 2 p. 71-88

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh1987.43.71


井戸機能低下の要因には.金属腐食や異物の付着などがある.本研究では.竣工時からきわめて短期間に揚水能力が低下した要因を.鉄細菌の繁殖に焦点をあて考察した.
研究地域は粘土と礫層が交互に堆積し.水源井は3つの帯水層から取水している.深度別に井戸水の化学組成分析を行い.懸濁物質を微分干渉・落射蛍光顕微鏡を用いて観察した.
その結果.深度により水質や鉄細菌の繁殖状況が異なることがわかった.多様な鉄細菌が共存するスクリーンでは目づまりが抑制され.特定の鉄細菌のみが繁殖するスクリーンでは金属腐食が認められた.鉄細菌の繁殖形態が.目づまり・金属腐食等.異なった井戸障害を引き起こしていることが示唆された.

Copyright © 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有