地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
沿岸海底下での地下水採取技術の開発とその適用
黒部川扇状地沖合での例
徳永 朋祥浅井 和見中田 智浩谷口 真人嶋田 純三枝 博光
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 43 巻 4 号 p. 279-287

詳細
抄録

沿岸海底下からの地下水採取技術の開発を行った.ここでは.潜水作業を行うことができるダイバーによって調査が可能な水深(約30から40m)程度までの領域において.海水との混合を防ぎ.かつ大量の地下水採取を可能にすることを目的とした.具体的には.海底下に長さ60cm程度の採水用針を刺し.複数の三方コックとプラスチックシリンジ.マイラーバッグを組み合わせることにより.1回の作業で1リットル以上(最大2リットル程度)の採水を行うことを可能にした.この手法を.黒部川扇状地沖合の淡水湧水地点において適用した.その結果.本手法では.海水との混合をすることなく淡水の地下水を採取することが可能であることを確認した.また.今回の採水では.採水地点(2個所)から各々約1リットルの地下水を採水することができた.採取された地下水の主成分組成および安定同位体の値は.今までに黒部川扇状地の陸域で報告されている値と調和的であった.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top