J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 46 (2004) No. 4 p. 299-313

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh1987.46.299


河川感潮域においては,潮汐に伴う海面および感潮河川の水位変動が海岸帯水層への塩水侵入の時空間変動特性に影響を及ぼしていると考えられる.しかし,これらの要因を定量的に分離するのは通常の調査では困難である.本研究では,河口水門を閉じて感潮河川の水位を一定時間固定し,そのことが地下水への塩水侵入に及ぼす影響を観測により検討した.河川水位の固定化に伴って地下水位および淡塩境界の変動が抑制されること,河川近傍ほど抑制程度の大きいことがわかった.また,淡塩境界面モデルを用いた数値計算により観測結果を検証するとともに,河川水位を固定する時間長と地下水への影響持続時間長との関係について検討した.

Copyright © 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有