J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

地下水学会誌
Vol. 47 (2005) No. 4 p. 397-417

記事言語:

http://doi.org/10.5917/jagh1987.47.397


気圧変動に対する間隙水圧の応答を利用して.比貯留係数と鉛直方向の透水係数の評価方法を提案した.間隙水圧を複数の深度で測定することによって.従来の方法では困難とされていた比貯留係数と鉛直方向の透水係数の独立な評価を可能としたこと.不飽和帯における影響を受けない評価を可能としたことが本研究の特徴である.さらに.提案した評価手法の適用に必要な機能を設計条件として.単一のボーリング孔で複数深度の間隙水圧が測定できる装置を開発した.開発した装置によって得られた間隙水圧のモニタリングデータに対して.提案した評価方法を適用した結果.地表まで飽和した地盤と不飽和帯の下位の飽和地盤において.実用的な評価範囲で比貯留係数と鉛直方向の透水係数が得られた.

Copyright © 公益社団法人 日本地下水学会

記事ツール

この記事を共有