地下水学会誌
Online ISSN : 2185-5943
Print ISSN : 0913-4182
ISSN-L : 0913-4182
論文 多孔質媒体における生物的目詰りを考慮した生物学的処理モデルの開発1カラムスタディへのモデルの適用
Osama ELJAMAL神野 健二細川土 佐男
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 50 巻 4 号 p. 275-290

詳細
抄録

本研究では多孔質媒体のおが屑添加により生じる生物学的処理能力,生物学的目詰まりへの影響を研究している.
土とおが屑からなるカラムによる実験から得られたデータをもとに,本実験における溶質輸送を再現し多孔質媒体中の生物学的目詰まり過程を含む生物学的処理の数値モデルを開発した.本モデルにおいて輸送項の計算では移流分散方程式を用い,反応項の計算では微生物の代謝による酸化還元反応を組み込んだ.また生物学的目詰まり効果を再現するため生物量を体積に変換し空隙率の変化を計算した.
構築したモデルで実験結果を評価できた.また,おが屑自体も透水性を確保しつつ,様々な微生物還元機能を促進させるための材料として期待できることを確認できた.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本地下水学会
前の記事 次の記事
feedback
Top