地理空間
Online ISSN : 2433-4715
Print ISSN : 1882-9872
カナダ・ブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島カウチンバレーに おけるワイナリーの発展にみる農村空間の商品化
菊地 俊夫兼子 純田林 明仁平 尊明ワルデチュック トム
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 9 巻 1 号 p. 115-129

詳細
抄録

 本研究はカナダ・ブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島のカウチンバレー地域におけるワイナリーの発展とそれにともなう農村空間の商品化の地域的な特徴を明らかにした。カウチンバレーの16のワイナリーは大規模ワイナリーと中規模ワイナリー,および小規模ワイナリーに類型化できる。この地域では,小規模ワイナリーから大規模ワイナリーまで相互に結びつくことにより,ワイン産業のブランド力が高まり,ワイン産地の競争力が強化された。さらに,ワイナリーと地元農産物の生産農場とが結びつくことにより,農村空間の商品化も発展するようになった。いずれにせよ,カウチンバレーのワイナリーは新規就農者の農場購入とワイン生産や農村居住への憧れからはじまり,経営者のワイン生産のこだわりや情熱,および農場間のネットワークの構築によって農村空間の商品化の中核となってきた。

著者関連情報
© 2016 地理空間学会
前の記事 次の記事
feedback
Top